その他のログハウス-ログハウス探索

ここでは、訪ねた町々で見かけたログハウス(新古問わず)を紹介したいと思います。

カナダに来る前、カナダ在住の日本人の方が、「カナダ=ログハウスというイメージがありますが、普通には見かけませんよ。」と話してくれましたが、ここオンタリオではよく見かけます

近代になって建てられたログハウスよりも、開拓時代に建てられた古いログハウス(オンタリオダブテール)を結構見かけます。
(新しいログハウスはコテージとして、森の中に建てる為、表から見えないからかもしれません。)                 

ファームの倉庫・湖のドッグにもダブテールの工法が使われていて、ログハウスが特別な物ではなく、普通に住んでいた家という印象を受けます。

ジョージのログキャビン 2003/9/8

友人のお父さんジョージが、13年前に友人に建ててもらったというログキャビン。

ピーリングもしてなくて、ノッチは上下逆さまで隙間だらけ。
当時、ログハウスの知識なく建てたらしく、友達同士でワイワイしながら建てていた光景が浮かびます。

これは、インディアンのテント、ティーピーをジョージが自分で作ったもの。
中に立ててあるマネキンがちょっと怖い。

新築スカンジネイビアン 2004/6/15

ボスの古くからの友人のログビルダーが、近くの別荘地に建てたログハウス。

ボスとは違ったデザインが、興味深いです。


不思議なログハウス 2005/5/12

レイクカントリーにある、私のボスのお兄さんのログハウスです。

毎年この地域に1棟以上ログハウスのシッピングがあるので、寒い時期のシッピングの時は宿泊させてもらいます。

材はヘムロックというハードウッドで、工法はサドルノッチチンクです。
真中の塔になった部分はポスト&ビームで、塔のてっぺんにある部屋まで入れると、3階建+ベースメントになります。

ログは水圧で皮を剥いて節をあまり切り落とさずに使っているので見た目がかなりワイルド、お兄さん自身も家に負けずワイルドです。

ボスの歴史 2005/6/6

この町には、ボスが施工したログハウス(ダブテールとピースオンピース)が、今回(2005年6月)のピースオンピースと合わせて計5棟になりました。

1棟は、2002年5月に建設したピースオンピースです。

それとは別の2棟を紹介します。これは私がいなかった頃の話です。

約17年前、最初に、この町で建てたというピースオンピースです。
このログハウス建設以来、口コミで広がって、その近所にこの他4棟を建てる事になったそうです。

2階建てのダブテールです。

ログ壁の高さが通常の1.8倍あります。


ログハウス in Cullen Gardens 2012/12/18

トロントから40km東に位置する、Whitby の Cullen Gardens(遊戯施設)内にあった、ダブテール。

どこかで建てられたものを移動してきたようで、かなり古そうでした。

テノコとブロードアックスで製材されたログ表面は、ビューティフルではないけれど、味がありました。