ログを使って-デッキングなど

レーリングなど、1人で作業するにはちょっと大掛かり、といったものの紹介です。

デッキのレーリング 2005/8/1

友人のお父さんのコテージのデッキのレーリング設置を手伝いました。レーリングは、友人作です。

お父さんが購入した時は、1階建てだったそうです。
1階部分を持ち上げて、ベースメントをつけて2階建てにしたそうです。

カナダでは工具や道具が揃うので、日曜大工をする人が多いですが、やはり、素人っぽさが残ります。(それがまた味かも。)

友人のお父さんは、マメにゴミ捨て場へ出向いて、使えそうな物は持って返ってきては、修理・塗装をしてセーブする反面、出すところは出すというメリハリがあり、それが結果的に統一感のある物に仕上がっているのだと思う。

作業も妥協なくきっちりされるし、アイデアマンで、労働を惜しまないというのも尊敬できました。

パーゴラーとブリッジ 2005/7/10

友人の仕事を手伝いました。

このログハウスは、2001年に巨大さに四苦八苦しながら建てた家です。
床面積があるので、ログを積んでも積んでもなかなか終わりませんでした。

今までボスが建てたログハウスの中で、1番大きかったそうです。
ベッドルームの数、なんと13!車庫までログ壁です。

そのデッキに設置する、パーゴラーとガレージからデッキに渡す橋の設置です。

パーゴラーのYポスト4本とクロスメンバーは、冬の間に私が作りました。
ラフターとラフターの間には、強化ガラスが入っています。

全体(裏口)はこんな感じです。橋のすぐ横のドアが、ガレージにつながっています。