ログハウス

今の作業状況や、今までに関わって建設したログハウスの他、ログを使って作った作品などを紹介します。

建設したログハウスは、すべて注文されたオーナーのオリジナルデザインで、材は、主にオンタリオかアメリカ産のホワイトパインです。

内装は、現地の大工さんがします。
経験では、シェルをシッピングしてから、1年、2年、と、時間をかけてゆっくりと仕上げていく方が多いようです。よって、完成した家の写真が少ないです。

こちらでは、2×4の新築の家でも、入居してからベースメントを仕上げていくという方が少なくありません。

まずは住んでみて、状況に応じて子供部屋にするか、エンターテイメントルームにするかを決めて、手を入れていく方が多いようです。
引越しした家を訪ねた時、ベースメントが基礎のコンクリート剥き出しだったり完成してなかったりすることは、よくあります。


今までのログハウス

オンタリオダブテイル

ソーミルしてハンドヒューイングしたログを使った開拓民時代のログハウス。

スカンジネイビアン

ラウンドログスクライブフィット、いわゆる丸太のログハウスです。

 

ピースオンピース

ソーミルしたログをコーナーポストにはめこんだスタイルのログハウス。

ティンバーフレーム

他のログハウスよりシンプルな外観です。

その他のログハウス

ログハウス探索

訪ねた町々で見かけたログハウスを紹介

ログハウス加工

新築ではないログハウスの修理・加工など。

 

ログを使って

デッキングなど
ログハウス以外の少し大掛かりなログワーク。レーリングなど


机やベッド

素朴なデザインの机や、グリルカウンターやブッチャーテーブルなども

ベンチ
いろいろな腰掛ベンチを作りました。

その他サインなど

その他、サインやログハウスのペンダントなどの小物です。